青森県立美術館ラブラブショー2

行ってきましたLOVE LOVE SHOW2!
作家ごとの展示がデカイ!
自分が好きだなと思ったのは市川平さん(特殊照明作家というのだそうです)と、八嶋有司さんの「知覚・感覚・身体」


きれいで半日くらいぼーっと眺めていたい。

陶器の隙間から光が漏れてるとこと、壁のグラフィックが人や物の形を象りながら変化していく様子、ずっと見ていられる。
古賀学さんの写真と、チェン・チンヤオさんの絵の「きみになりたい。」


古賀さんの写真の涼しさと、チェン・チンヤオさんの絵の皮肉っぷりと上手さと。
こっちは岡本光博さん、青秀祐さんの作品

榎忠さん、大洲大作さんの作品

全部は撮ってない、観るのが先ですよね。

入り口にも展示ありました。久しぶりの県美、良かったです。

スポンサーリンク