今年一眼レフを新調した写真友達とともに秋の十和田湖へ。
撮影と銘打ってますが、殆ど写真とってません。今回は遊び。

ていうか、今年十和田湖行き過ぎ。

十和田湖はもう寒いけどオンシーズン、観光客が団体様で練り歩いでいました。
そして見つけたレストラン入り口の予約プレート。

ツアー名が長すぎ! サスペンスドラマか。
これ、かえって分かりづらいんじゃないだろうか。

この日はちょっと曇ってました。休屋から十和田湖を挟んで対岸北側の
御鼻部(おはなべ)山展望台へ抜けます。

高地なので雪が。展望台は多分初めて登ります。
この展望台、風雨にさらされて古びて見えるるけど、
よく見るとなんかおしゃれなんです。建築家がデザインしたものでは?

写メなんでアレですが、曇り空と逆光気味で景色は白ぼんやり。残念。
晴れの日は八甲田連峰や岩木山が見えるそうです。

さらに道なりに西へ。この道中は山の中だしちょっと心細い。

そしてそこにあらわれる癒しのスポット。なんか安心。
滝の沢峠ふれあい館。地図だとここら辺は平川市になるみたいですね。

国道102号と445号の分岐点にあります。

突然ですが「幻の豚饅」を発見。

でかい。幻とは思えない存在感。手の平くらいある。
もう饅頭というよりパンですね。

丁度お腹空いてて危うく死ぬところだったので
生き返りました。ごちそうさま。

秋撮影デラックス三たび その2へ