岩手県立美術館のポップアート展を見に行った。

こんなにでかでかとキース・ヘリングの作品がポスターになってるから、

作品も色々展示してるんだろうと思いきや、

彼の作品は、確か1点のみ。

なんでこのポスターにしたの?

ウォーホルの作品はけっこうありました。

近くで見られて良かった。

作品展示数が多くて、見ごたえのある企画展でした。

私は、出口付近の現代の作家のコーナーが面白かったなー。

あと、フォトグラファーのデイヴィット・ラシャベルの

作品が興味深かった。

て、この人、RIZEというダンス映画も作ってたんですね。

かなり前に見ました。ドキュメントだったような。

そう言われれば、映画のトレイラーでも、写真作品と似た

ライティングがあったような。

デイヴィット・ラシャベルのウェブサイト

ポップアートの定義自体よくは知らないけど、

こういう作品を見ると、屋外広告に必要な要素と似ていると思ったり。

線の太さやコントラストの明瞭さなど。

パッと見の引きの強さですね。

車で通りすぎるような場所でいかに目に入れるか。

近づかなくても情報を伝えられているかなど、

人の目を想像して作る。

最近、看板も大型インクジェットで

そのまま出力出来るようになってきたせいか、

いろんな業種で屋外広告を作るようになってきてる。

ただ、パソコンのモニタでバランスは取れてるけど、

実際設置したときに、字が細かすぎて読めないような

ものが増えてると感じる今日この頃。

クライアントの要望を盛り込んであげたい気持ちは

分かるけど、効果を出すことが目的だから、

そういうアドバイスがきちんとできる人間でありたいなー。

てか、アート見に行ってぜんぜん違うこと考えてるよ。

いやー、ポップアート展良かったです。

近所だったらもう一回行きたい。

図録欲しいけど、作家ごとのカタログの方がいいかな。