七戸町の道の駅に併設している鷹山宇一記念美術館へ。

七戸町立鷹山宇一記念美術館

道の駅にはよく寄るんだけど、なかなか美術館へ入る機会がなくて、

写真展をやっているのをきっかけに行ってみた。

「国際写真サロン」から入賞作品全130点が展示されているそう。

国内より海外の作品に興味があります。

うん、国内作品は、予想どおりの渋好み。

海外の作品も、静かなものが多かったなー。

これ、絵じゃないの?みたいな

フォトショップばりばりの作品もあります。

不思議なのは、デジタル全開なのに、なぜかやっぱり渋好み。

私は、看板にもなっている牛の写真が素敵だと思いました。

第70回国際写真サロン

それから初めて鷹山宇一氏の作品を生でみました。

印刷で見た時の印象で、年配受けする作品だと思ってたけど、

近くで見ると意外とファンタジー。少女っぽいです。

生のほうが良い。

油絵なんだけど、あんまり盛らないタイプなんでしょうか。

なめらかで、それがまたファンタジーさを醸しだしているような。

似てるわけではないけど、蝶や花といったモチーフから、

永田萌のイラストを思い出しました。

子供の頃好きだったんです。

永田萌オフィシャルサイト

あと、ここの美術館の奥の方に、

ガウディの椅子のレプリカがあります。

座れます。アールがガウディっぽい。(当たり前か)

もちろん、全部に座ってみた!

写真展よりこっちの方がテンション↑↑

リンク

七戸町立鷹山宇一記念美術館